TEL.099-267-1455

病院紹介

病院概要

受診/入院される皆さまへ

総合病院鹿児島生協病院
院長 樋之口 洋一

臨床研修医による医療行為について

当院は、永年にわたり独自に地域医療(特に離島医療)を担う医師づくりを行ってきた経験と実績を持っており、2003年4月に厚生労働省による臨床研修病院の指定を受けて以降、他の協力病院・協力施設と臨床研修病院群を構成して、卒後2年間の臨床研修の内容や指導体制の充実を図ってまいりました。現在も2004年4月からの臨床研修義務化開始に対応した医師養成をすすめています。

当院では、研修医は皆様の「担当医」となり、指導医が「主治医」となるよう規定しております。研修医が行う皆様の診療・処置・検査などの全ての医療行為に対して、主治医である指導医が「研修医の医療行為に関する基準」にもとづき、看護スタッフも含む診療チームの中で、監督管理を行っております。

真に患者様の立場に立ち、地域の第一線の医療を担える医師養成のために、なにとぞご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。

なお、ご不明な点やご要望などがございましたら、担当医、主治医、担当看護師、診療科窓口に遠慮なくご相談ください。