受診/入院される皆さまへ

総合病院鹿児島生協病院
院長 樋之口 洋一

臨床研修医による医療行為について

 

当院は、永年にわたり独自に地域医療(特に離島医療)を担う医師づくりを行ってきた経験と実績を持っており、2003年4月に厚生労働省による臨床研修病院の指定を受けて以降、他の協力病院・協力施設と臨床研修病院群を構成して、卒後2年間の臨床研修の内容や指導体制の充実を図ってまいりました。現在も2004年4月からの臨床研修義務化開始に対応した医師養成をすすめています。

当院では、研修医は皆様の「担当医」となり、指導医が「主治医」となるよう規定しております。研修医が行う皆様の診療・処置・検査などの全ての医療行為に対して、主治医である指導医が「研修医の医療行為に関する基準」にもとづき、看護スタッフも含む診療チームの中で、監督管理を行っております。

真に患者様の立場に立ち、地域の第一線の医療を担える医師養成のために、なにとぞご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。

なお、ご不明な点やご要望などがございましたら、担当医、主治医、担当看護師、診療科窓口に遠慮なくご相談ください。

 

医学部6年生の診療参加型臨床実習の受入れについて

 

平成15年4月より、総合病院鹿児島生協病院(及び谷山生協クリニック)は、鹿児島大学医学部をはじめ、他大学医学部の6年生の臨床実習を受け入れることとなりました。

このことは、当院が皆様の病気の治療を行う「診療」への責務と同時に、将来のよりよい医師養成のため、医学生の「公的教育」の役割の一端を担うことを意味します。

実習形式は、医学生が診療チームの一員として皆様の診療に参加する「診療参加型の臨床実習」となります。
担当指導医の監督管理のもとに、外来では皆様の問診や診察、簡単な検査に参加したり、入院では担当指導医や看護スタッフと一緒に皆様の受け持ちの一員となり診療行為に参加することとなります。

学生が皆様の受け持ちの一員となり、診療行為に参加する場合には、必ず書面でのご同意と承諾をいただくこととします。また、すべての医療行為に対して、そのつど、指導医師及び学生が皆様に再度説明し、口頭で同意をいただくように致します。

医学生の診療参加を望まれない場合は、その旨を遠慮なくいつでも担当医や看護師、診療科窓口にお申し出ください。

外来・入院いずれにおきましても、どの段階で医学生の参加をお断りになられても、皆様の診察・治療にはなんら影響を与えないことをお約束いたします。

将来、患者様の立場に立てるよりよい医師の養成のために、何卒ご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。

 

このページのTOPへ