6月18日(土)・19日(日)第39回県連交流集会を開催しました。

 今回の第39回の県連交流集会は県内各地の事業所より、初日258名、2日目394名、参加実人数445名と前回の鹿児島開催を上回る皆様にご参加いただき、無事に終了することができました。
 準備から当日の運営において、いくつか課題もありましたが、皆様の熱気と医療・介護活動に対する想いに溢れた2日間でした。
 来年度は奄美での開催となります。これからの1年の間に現場で様々な葛藤や困難に直面し、事業所全体またはそれぞれの部門やチームで取り組みがすすめられることと思います。
 うまくいった事例もそうですが、なかなか解決できない事例もあります。そういったものも演題としてぜひご報告いただき、県連全体での課題として“みんなで”取り組んでいけるような県連交流集会になれば幸いです。
 貴重な休日を割いて参加してくださった皆さん、また一方で医療や介護の現場を守っていただいた皆さん、そして各事業所の実行委員として準備をいただいた皆さんにあらためて感謝申し上げます。
 来年奄美でお会いしましょう。
                     第39回県連交流集会実行委員会 委員長 中村太一(医師)

 

news0622

news0622-