1月11日(金)、「第12回Step Up セミナー」を開催しました。

今回は、講師に名古屋大学医学部附属病院総合診療科の鈴木富雄先生をお招きして、医学生9名を含む41名の参加で開催しました。

 

●「レクチャーと教育回診」

stepup12_1

実際に2年目研修医が担当している症例について、問診、病歴、身体所見から鑑別診断の候補を挙げた後、検査結果を加えて整理し、それから、実際にベッドサイドで診察を行い、最後に全員でまとめを行いました。随所で、講師より様々な助言をいただき、なかでも、臨床の現場で大切な「ヒストリー(病歴)&フィジカル(身体診察)」の実践手法を、より深く学ぶことが出来ました。

 

●「効果的なカンファレンスのすすめかた」をテーマとしたワークショップ

stepup12_2


4グループに分かれて、「カンファレンスの悩みについて」、「次から使えるカンファレンスの解決法」についてに討議を行い、講師のミニレクチャーを挟みながら、それぞれが悩ましいと考えている事柄の中身や解決方法などについて意見交換を行いました。自分だけでは気づかないことや解決するための切り口やヒントを発見する良い機会となり、大変有意義な時間となりました。参加者からは「カンファレンスについての内容でこんなにも深く、充実した時間を過ごせることに驚きました。」等の感想が寄せられ大好評でした。

 

 

当院のステップセミナーは、医師・医学生・その他臨床研修に携わる職種の方向けの公開講座です。次回の開催は、3月~6月を予定しています。

stepup12