放射線部

概要

診療放射線技師11名(男性8名 女性3名)と受付事務2名(女性2名)。

 

我々のモットーは、

患者さんの痛みがわかる放射線技師になること!

『患者さんに優しく、自分に厳しく』


いろいろな放射線検査についての説明や注意事項

一般撮影、CT、MR、RI、胃透視・注腸検査、乳房検査、血管造影検査、日常生活と放射線

検査説明のスライドショー
01
02
03
04
05
06
07
08
09
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
01/21 
start stop bwd fwd

MDCT(Multi Detecter CT)の導入

平成16年12月に最新型マルチスライスCT(MDCT)を導入しました。

MDCTはわずか0,625mmのスライス厚で16断面同時データ収集が可能になったことにより、これまでは得られなかった3D画像やMPR画像(多断面再構成画像)など、多彩な臨床価値の高い画像が得られるようになりました。低侵襲性で短時間ですむため、患者様にとっても非常に有用な検査といえます。

また心臓のCT検査の場合、高額なカテーテル検査に比べて費用負担も少なくてすみます。

 

スライドショーを見る

「循環器疾患における新しいCTの有用性」 医師:馬渡耕史

広報誌「レインボーねっと」の記事へ

当院のMDCTph2
当院のMDCT            天井は空色デザインです!

 

このページのTOPへ