リハビリテーション部

リハビリテーション部の紹介

当院のリハビリテーション部はリハビリ総合承認施設基準を取得し、スタッフは理学療法士17名、作業療法士10名、言語療法士3名、助手1名となっています。1日のリハビリ実施患者数は平均で外来が30名、入院が100名程度で、対象疾患は整形外科疾患、脳血管障害患者を中心に内科・外科の廃用症候群の患者や循環器科、呼吸器科などの内部障害患者等さまざまな疾患へのリハビリテーションを行っています。特に急性期病院の中のリハビリテーション部門として脳卒中発症直後や外科術後から早期にリハビリを開始しています。また外来が主ですが、数名程度の小児リハビリも実施しております。

ph1ph2

 

地域の方々へ

患者様の状態が安定し、一日も早く回復ができるように、医師・看護師など他職種と連携を取り合い、急性期から適切・適格なリハビリを提供していきたいと思っています。地域に根ざした病院のリハビリテーション科としてこれからもスタッフ一同、患者様・組合員の方々と「一歩一歩あゆむリハビリテーション」でありたいと心がけてまいります。

 

このページのTOPへ