乳がん検診のご案内

マンモグラフィ(乳房撮影)とは

乳房エックス線撮影のことで、マンモグラフィと呼ばれます。
乳房は柔らかい組織でできているため、専用のレントゲン装置を使い、乳房を挟んで写真を撮ります。

2018年7月、最新鋭のデジタル乳房X線撮影(マンモグラフィ)装置に更新しました。

機種名 FUJIFILM 「AMULET Innovality」

デジタル乳房X線撮影(マンモグラフィ)装置       圧迫板部分

 

新しい装置の特徴
  • 患者ごとの体内の立体構造をより正確に描出する画像認識技術により、粒状性が良い 高精細な診断画像を提供できます(解像度が前装置の約2倍)。
  • 撮影線量の大幅な低減で“やさしい”検査を提供できます(前装置と比較して約2割減少)。
  • 圧迫の痛みをより軽減できます(押さえる板が柔らかくしなることにより痛みを分散)。
    ※通常の乳房圧迫完了後に、乳房の厚みが変化しない範囲(±3mm)で圧迫圧を減圧する機能です。

従来のマンモグラフィ装置では描出が難しかった若い人や、乳腺量の多い乳房等が撮影でき、微細な石灰化、小腫瘤などの早期乳腺疾患の発見・診断に役立っています。

総合病院鹿児島生協病院 放射線技師より

安全・安心の乳房撮影を心がけています

放射線技師

多くの方が、未体験のため不安を感じてしまい、受診をためらわれているのではないでしょうか。 しかし、わずかな時間(15分程度)の検診で得られる安心は想像以上に大きいと思います。
今回、当院に設置された装置は、マンモグラフィで苦手とされている「乳腺の多い乳房」でも、デジタル処理を行うことで、乳腺の中にうもれていた病変を発見しやすくなりました。 これを機に多くの女性に乳がん検診を受けて頂ければと思っております。
原則、女性の診療放射線技師が撮影致します。不安なこと、気になることなど何でもお気軽にお尋ねください。

比較することで微妙な変化をキャッチ

マンモグラフィは、乳がんの初期症状の一つである石灰化や腫瘍などを発見できます。
特に、早期乳がんのサインである、ごく小さな石のような石灰化を鮮明に写し出せるのが大きな特徴です。
乳房の全体像を写し出しますので、左右の乳房を比較して診ることができます。
また、過去の画像と比較することによって、微妙な変化をとらえることができます。そのためにも定期的な撮影をおすすめします。

マンモグラフィQ&A

  • Q1 どうやって撮影するの?

乳房を挟みながら圧迫して、上下方向から1枚、左右方向から1枚(合計2枚・両方の乳房を撮影する場合は合計4枚)撮影します。

 

  • Q2どうして圧迫しなければいけないの?

乳房を圧迫しながら薄く均等に広げます。こうすることによって、少ないレントゲンの量で乳房の中をより鮮明に見ることができます。

 

  • Q3 痛いのでしょうか?

乳房を正しく撮影するために圧迫板という板で、乳房を強めにおさえるようにして固定し撮影します。
痛みの感じ方は人夫々ですが、一定以上の圧力はかからないような設定になっておりますのでご安心下さい。
※新しく導入した装置では圧迫自動減圧制御でより痛みを軽減できるようになりました。

 

  • Q4 放射線(レントゲン)撮影って、体にとって危険じゃないの?

妊娠中の方、又は可能性のある方はお申し出ください。
胎児の被曝を考慮し、検査方法などを検討させて頂く事があります。

 

  • Q5 マンモグラフィで何がわかるの?

触っても判らないような早期の小さな乳がんは勿論、しこりを作らない乳がんを白い影(腫瘤影)や非常に細かい石灰砂の影(微細石灰化)として見つけることができます。

 

  • Q6 視触診や超音波検査(エコー)じゃだめなの?

視触診も超音波検査も、乳がんを調べる大切な方法です。マンモグラフィを視触診と併せて行った乳がん検診は視触診だけの検診や超音波検査を併用した検診に比べて、2~3倍の乳がんの発見が可能です。

 

  • Q7 生理との関係は?

生理前には、ホルモンの関係で乳房が張って痛むことがあります。 できれば、マンモグラフィ検診は生理が始まってから2~3日目以降に受けられ るのが良いでしょう。

 

  • Q8 マンモグラフィ検診はどのくらい(回数、頻度)受ければいいの?

マンモグラフィ検診は視触診と併せて最低2年に1度、できれば1年に1度受けるようにしましょう。

乳がん検診の料金について

自費 5,400円(税込み) 視触診+マンモグラフィ撮影
いきいき受診券利用 40歳以上 2,300円(税込み) マンモグラフィ撮影のみ

※ 要予約制。

乳がん検診の受付について

曜日 毎週 月 ・ 火 ・ 水 ・ 金 ・ 土
時間 午前8時30分~10時30分
TEL. 099-267-1455

※原則、女性技師が撮影します。

 

このページのTOPへ