リハビリテーション科

主に紹介や退院後の方で継続的なリハビリテーションが必要な方へ、脳血管疾患等リハ、運動器リハ、呼吸器リハを行っています。必要に応じ、各診療科とも連携を取りながら治療をすすめていきます。

スタッフ

 

行田 義仁

氏名 行田 義仁(ゆきた よしひと)
卒年 昭和59年
役職 リハビリテーション科 科長
専門分野 整形外科
認定医・専門医
所属学会
日本整形外科学会専門医
日本リハビリテーション医学会臨床認定医
日整会認定脊椎脊髄病医
日本手の外科学会
日本骨折治療学会
日本マイクロサージャリー学会

 

診療科紹介

リハビリテーション部のスタッフは、リハビリテーション学会臨床認定医(2名)、内科医(2名)、整形外科医(2名)の6名の医師が担当し、理学療法士17名、作業療法士10名、言語療法士3名が担当しています。

 

1日のリハビリ実施患者数は平均で外来30人、入院100人程度で、疾患は整形外科領域の運動器疾患、脳血管障害、内科や外科手術後の廃用症候群の患者や循環器、呼吸器などの内部障害者、さらに小児の発達障害などさまざまな疾患のリハビリテーションを行っています。

 

2009年2月からは40床の回復期リハビリ病棟を開設しました。機能障害のためADLの低下した患者がスムーズに自宅へ復帰できるよう努めています。

 

リハビリ外来(病院1階)、リハビリテーション施設(病院2階)

リハビリ外来 リハビリ1
リハビリ2 リハビリ3

診療状況

 

このページのTOPへ